XRP 暴落 何がおきたか?どうするのか?

在宅ワーカー、ノマドワーカー、忙しい投資家の方、 コレ便利

リップル大暴落(-30%)

原因は米証券取引委員会(SEC)が暗号資産XRPの販売をめぐりリップル社とCEO、共同創設者のChris Larsen氏に対して訴訟に踏み切ったためです

簡単に言うと、ビットコインとイーサリアムに関して、SECは「証券ではない」とお墨付きを与える一方、XRPは依然明確に定義されていないとし無登録のデジタル証券を2013年から約7年間に渡って販売し1300億円を超える資金を調達したと言っています

提訴にはそれなりの時間がかかることを考えれば投資家の判断は難しい問題です

敗訴すれば取引所の数も減り出来高の低下を招く可能性もあると思います

いまが買いのチャンスなのか?

投資の観点から行けば少しの枚数を売る、もしくはdo nothing!

何もしない!が正解だと思ってます。判断材料はなに1つないためです。

今後はネット等で取り上げられる弁護士の見解などを参考していこうと思います。そしてテクニカルはあまり機能しないと思うので参考程度にということになります。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。