空売りのしくみと収益効果

空売りの原理は他のブログで調べていただきたいと書いたが、レバレッジした時とレバレッジなしの時の資金効率を表にした

例えば、100万円の株価銘柄を空売りしたときに本来、委託保証金が100万円必要だがレバレッジをかけると30万円で同等の資金効率で稼ぐことができる。逆を言えば30万円で100万円相当の損出も出すことも可能ということ。その場合に保証金を超えた含み損を出すと追加保証金(通称:おいしょう)と言って取引所から追加金を要請される。

ここまでだと「あ~怖い」となるのでやりたがらない人が多いが、逆指値で損切ラインを組めばほとんどのことは許容リスクを管理できる。IG証券などであればノックアウトアウトオプションと言って理想価格で確実に決済できるサービスもあるので心配はそれほどいらない。ヘッジ利用のバリューの方が高い

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。