洗車は「拭取り手順」が肝!

洗車好きはもちろんのこと洗車が面倒だと思っていらっしゃる方にこそ知っていただきたい洗車方法となります。

洗車ノウハウは他のサイトを見ていただくとして

ここではふき取りの時短術を紹介します。

セオリーでは高い屋根から低い位置に吹き上げるのが普通だと思います。

ただし、どの車型でも「落とし穴」があるんです。

それは・・・

せっかくセオリー通りに吹き上げてもトランクやリヤゲートを開けてしまうと窓やテールライトやボディの隙間に溜まっていた水が一気に流れ出てしまうからなんです。

赤〇で囲った付近に水がしたたり落ちてしまう

そこで、次の順番で吹き上げることをおススメします

1⃣ リヤゲート(トランク)部分を先に吹き上げる

2⃣ リアゲートをオープンにする!!  POINT 自然に水が切れるまで放置

3⃣ AピラーからBピラーあたりまでを拭きあげる

4⃣ リヤゲートから水が流れなくなったらCピラーより後ろを拭く

ゲートを開けると意外と多くの水量があることに気づかされる

リアの水気もあらかじめ落としたことでクルマを走らせても残った水が流れ出してこないので埃が付いて汚れる心配もないんです。

この記事がためになった方はブログ村のボタンを押していただければ嬉しく思います。その後、読者登録ワンクリックで完了です。(PCは右上、スマホは下にあります)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。