携帯電話 値下げ事情【1分話し】

携帯料金値下げ話題ですね。

1分で超簡単にまとめます!

今後も”1分つぶやき”していく予定ですのでよろしくお願いいたします。

菅首相が「世界で最も高い」「20%もの利益率を上げている」と言ってる

✅本気で日本の携帯会社の値下げに取り組んでいること

✅総務省も各国と比べ高いと分析してること

✅利用者も概ね異論ない実態と思っていること

【政府が介入する想定メリット】

・公表アクションプランに「eSIM」の普及というもがある

 従来はSIMカードを携帯に差し込む必要あったがeSIMは携帯内蔵

 別でチップを入手する手間が必要ない

・携帯会社を変えてもメルアドがそのまま使えるよう求めている

・従来の料金高止まりの背景がNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの市場寡占だとするならば、平準化が促進され全体市場の値下げが期待できる

しかしその一方で・・・

自由競争という本来の市場を考えれば、ユニクロが誕生した時と同じように価格は自由競争の中で価格が最も値が下がるのだから政府の介入も度合いが非常に重要になってくると筆者は思っています。

政府がどこまで民間に口を出してコントロールしていくのか今後見どころですね

チャオ

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。